田んぼサポーター 2013年4月26〜27日

タケノコを掘る

 

今回は泊りでタケノコ掘りや田植えの準備作業を行った。

 

初日、午前中、毎年整備している竹林に行き,タケノコを掘った。

先週あたりがちょうど良かったと思うぐらいに大きくなりすぎたタケノコがあちこち目立った。

 

翌日の持ち帰り用は翌日掘る事にし、松本邸で食べる分だけ掘る事にする。掘り上げたタケノコはすぐに大鍋で茹でた。

 

5月5日に葛飾の博物館まつりの時に竹細工教室をやるので,その時に使う竹も切り出した。

 

そして午後はジャガイモの目欠き、竹細工教室の見本作りなどして早い時間から夕食の準備に取りかかった。

 

メンバーの一人が持参したニジマスをバーベキューセットで焼き、ついでに鶏肉と長ネギを串に刺して焼き、ニジマスの薫製も焼いた。

 

焼き鳥用の「竹ぐし」はもちろん直前に竹を削って作ったもの。

 

泊まったのは11人だった。

 

 

二日目

 

私が寝たのは1時近くでしたが、その時まだ起きていた二人は4時まで起きていたようです。

 

それなのに、6時には起こされ?少々寝不足気味でした。

 

二日目はまずタケノコ掘りからです。

 

持ち帰り用なので前日よりたくさん掘りました。

 

タケノコ掘りの後は田んぼ周辺の草刈りです。

 

私は、田んぼに行く途中の道で足首をひねってネンザしてしまいました。

 

それでも作業はできそうなので、草刈り機で田んぼ脇の土手の草を刈り続けました。(翌日この作業によると思われる腰痛あり)

 

昼食に松本邸に戻りネンザした場所を確認すると,ぷっくりを腫れていたので,メンバーの一人から湿布薬をもらい張りました。

 

午後は他のメンバーが、箱苗床作りに出かけた後は,松本邸でのんびりと休憩してました。

 

帰りは茹でたタケノコがお土産になりました。