田んぼサポーター 2015年1月12日

土地によって呼び方は少し異なるようだが、「どんど焼き」この地域では「あわんとり」つまり食料としての【アワ】を食べてしまう【鳥】を追っ払う行事、のようだ。

 

この地域でも、行事が途絶えていたが、葛飾から来る子供たちのためにと、数年前から地元の「古瀬の自然と文化を守る会」が復活させた。

 

資材は地域内の竹。

 

以前から、竹林整備などしていたので、竹の伐採や加工はお手の物。

 

古瀬の会のメンバーは造園業ほか多様な生業のため、機材も技術もほとんど自前。

 

今年はなぜか?大量のごぼう締めが持ち込まれて正面部分を飾った。

午前中には準備完了。

午後三時開始である。

 

少し前に会場に来た子供たちは、用意した段ボールで土手すべりや、凧揚げに興じた。

 

向こうに見えるのは、筑波山。

風邪が少し強かったが、予定通り、開会式、会長挨拶などの後、点火。

 

北西の風にあおられ、炎が舞い上がる。

 

風上側はなかなか燃えず櫓は風下側に崩れ落ちる。

 

燃え残ったものをすべて燃やし、火が収まった頃合いを見て、子供たちに竹を配る。

 

子供も保護者も、餅、ウインナー、マシュマロを何回も竹の先に刺して焼いて楽しんだ。