2016年12月10〜11日 田んぼサポーター活動(カヤ狩りとカモ締め)

初日はつくば市の研究所施設内のカヤ場でのカヤ狩りです。

草刈機で刈り、紐で束にしていき、最後はトラックに積み上げて、つくばみらい市の古民家まで持って帰りました。

朝方は風が弱かったけど、お昼にかけて強くなってきました。

 

 

翌日は納豆ご飯の朝食後、車で古瀬の畑に行き、白菜、キャベツ、長ネギ、大根を収穫。

9時半ごろ、葛飾から子供達を乗せたバスが到着。

午前中は、大根の収穫と漬け込み作業。

午後は恒例のカモ締め。

いつもの通り、合鴨農法で活躍してくれた合鴨のオスとメス一羽ずつです。

合鴨農法をしている兼業農家のご夫婦がカモ締めからカモ汁作りまで、全てやっていただきました。

我々はただただ暖かいかも汁をいただきました。

いや、葛飾から来た子供や保護者の一部の方々には鴨の毛をむしったり鴨の肉を切り分けたりするのを手伝っていただきました。

 

毎年恒例の行事がひとつづつ確実に終わっていくと、年末が近いのが実感できます。