3.11東日本大震災の被災者支援活動に参加してます。

「東日本大震災支援かつしかネットワーク」に参加しています。

ネットワークのHPは、こちら


福島県の双葉町からの避難者が住む加須市で炊き出しボランティア2013年3月16日

詳細は,こちら


福島県の双葉町からの避難者が住む加須市で炊き出しボランティア2013年2月16日

詳細は、こちら


福島県から米沢市に避難した子供たちにクリスマスを!!

2012年11月23日から25日にかけて、放射能汚染から逃れるために米沢市に避難した福島県の家族が集団で済む町に行き、少し早いクリスマスを子供たちにプレゼントしてきました。

 

→詳細は、こちら


(被災地)石巻応援プロジェクト第2回に参加

門脇地区
門脇地区

2011年11月に続き、2回目の石巻プロジェクト。

前回、早いクリスマスパーティーと支援物資の提供を同時並行して行った結果、地元の人たちとコミュニケーションが十分できなかったこと、次は是非新年会をやりたいね、という要望をかなえるために一泊三日の行程となった。


2012年2月17日(金)の夜に葛飾を出発して、早朝に石巻につき、朝食後、前回も行った「牧山参道会館」に到着。子供と遊び、保護者の方々と触れ合い、夕方には、ボランティア専用の簡易宿泊所に泊った。 → 詳細と写真はこちら

 

翌19日(日)は、石巻での行事をずっと世話してもらっている、Hさんの案内で、70人の子供と9人の先生が犠牲(ほかに子供4人と先生1人不明)になった「大川小学校」に行ってきました。

→ 詳細と写真はこちら

 

そして、参加メンバーの一人が震災間もないころにボランティアで片づけに行った集落が近かったので、そこまで足を延ばしてみました。

最後に石巻漁港で岸壁に乗り上げた漁船を見て帰路につきました。

→ 詳細と写真はこちら

 

 


(被災地)石巻応援プロジェクトに参加

サイボーグ009
サイボーグ009

「東日本震災支援かつしかネットワーク」の石巻応援プロジェクトに参加し、2011年11月5日~6日に石巻市に行ってきました。
湊地区の福祉会館「みなと荘」の学童の子供たちとその親、そして近所の大人の方たちへの応援プロジェクトでした。
会場は、当初予定の「みなと荘」から、近くの高台にある「牧山参道会館」に変更になりましたが、子供たちとのふれあいの場所(ホール)と、大人へのバザーの場所(和室)が分離できてラッキーでした。
子供たちは30数名?。カレンダー作り、簡単ケーキ作りやボーリングなどいろいろなことに挑戦してもらい、たくさんの笑顔を見せてもらいました。
無料バザーは事前配布の整理券は150枚だったそうですが、間違いなく多くの方にご来場いただき、たくさんの品物を持ち帰って頂きました。

写真はこちら
初日の夕方と二日目の帰り際に、このプロジェクトの石巻側世話人の女性(学童の指導者)に、市内を少し案内してもらいました。
市内を一望できる日和山からの展望、津波とその後の火災で多くの方が無くなった南浜町、門脇町の惨状、そして火災で黒く焦げたコンクリートが無残な門脇小学校の姿を脳裏に焼き付けて帰ってきました。

 写真はこちら

このプロジェクトのために、品物の提供を含めいろいろな協力をしてくださった葛飾を含め各地の皆様に感謝しています。

石巻を含め被災された方には、是非、写真の009のように前を向いて歩み続けてほしいと思います。

 

写真は以下のページをご覧下さい。

 

石巻PJ①

石巻PJ②