2013年7月20日 かつしかっこ探検隊

これも毎年恒例になっている行事、というか、お仕事です。

葛飾区の環境課が主催して子供たちにいろんなことを体験させる講座のようですが、その通年講座のひとつに、川に入って魚を捕る、というものがあり、その場所が新八水路であり、講師役が我々いつもここで魚類調査しているメンバーです。

 

常連メンバー含め6人が集まり、区の職員の方たちと一緒に子供20名あまりをふた班に分けて、江戸川本流と、ワンドで魚とりです。

 

我々はいつも通り胴長を履きますが、子供達は普段着にズックで川に入ります。

区が関与しているので、救命具を全員装着します。

 

水位が高くワンドにはたくさん小魚がいるのですが、捕り方を知らない子供は飽きて泥水の中で泳ぐ真似などしてました。

捕り方がわかった子供は一回に何匹も網に入るとはしゃぎます。

 

本流ではベテラン女投網士が20センチ近いドでかいマハゼを捕りました。