2018年6月13日 (大田区)大森ふるさとの浜辺公園で魚類調査の手伝い

京浜急行の平和島駅に集合。

歩いて15分、海岸に出る。

胴長に着替えて、迎えの船に乗船。

海の中の岸壁みたいな場所に上陸。

投網と手網で魚とり。

投網では、ボラ、マハぜ、キビレなどが採れた。

手網のメンバーは、チチブ、ドンコハゼ、ヒメハゼなどハゼ類が多数採れた様子。

 

1時間ほどして船に再乗船し、最初に乗船した場所に戻り、岩場で魚とり。

ここでは、ハゼ類が沢山採れた。

 

約一時間して、船に乗り、今度は人工海岸の砂浜に上陸。

早速投網を打つ。

マハぜ、ボラ、スズキ、キビレなどが採れた。

 

ボラは40センチ超、キビレも30センチクラスが採れた。

 

ずっと太陽が出て訳ではないが、表に出ていた部分は赤く日焼けしていた。