水路の干上がり回避策実施! 2019年2月

昨年12月から今年の2月にかけて関東地方に雨がほとんど降らなかったせいで、江戸川の水位が下がりっぱなし。

そのため、新八水路にもワンドにも本流から水が全く入らず。

ワンドは全面的に水がなくなり、水路は一番奥の部分だけに水たまりが残った。

その水たまりにもメダカなども小魚がいた。

このまま雨が降らなければ、水たまりも干上がるのが予想されたので、泥をあげて、水を補給する緊急措置を数回行った。

 

最初は1月の調査日。

この日、現地に行ってびっくり。水路は際奥部以外に水がなかった。

急遽土嚢袋を購入し、午後はほ全員で泥上げ作業を行った。(以上、1月の実施報告にも記載済み)

 

2月の調査日にも泥上げ作業を実施。

その後も週一のペースで少しづつだが泥上げ、水補給を繰り返し行った。

 

写真は、2月16日泥上げ作業前

泥上げ作業後です。左端に、わずかですが、泥を入れた土嚢袋が写っています。

その日の江戸川本流です。水位が低いです。

本流の水位が上がってきまので、ワンドも水路も水がたっぷり。(3/2現在)