新八水路で魚類調査(2012年1月7日)

1月7日、今年最初の魚類調査に参加した。

胴長の下に股引など何枚もはいて防寒したけど、午前中、1時間以上も川に入っていたら、寒さで膝が痛くなってきたので、昼食の時間には少しお早いかと思ったけど,川から出ました。午後水温を測ったら,4.5度でした。
この時期は魚達が深いところでじっとしているからか、投網でも手網でも魚を採集するのが難しくなっています。

最初に投網を何回か打ったけど,なにも網にかからず.早々に投網をあきらめ,タモ網でヌマチチブ狙いに変更した。

お陰でヌマチチブを10匹近く採集することが出来た。
来月も多分、酷寒の中での調査となるでしょう。
でも、この辛いと思われる作業も結構楽しいものです。

だから10年以上続けています。

お昼は、冬の定番になりつつある「おでん」でした。

仲間の一人が、前日から仕込んで暖めれば食べられる状態のものを、自宅から持参してくれたのです。

寒い中での暖かい「おでん」に、本当に感謝です。

ー魚類調査の目次へー