2013年3月23日 新八水路で魚類調査 (第190回)

ようやく水ぬるむ季節となりました。

桜の開花からほぞ一週間がたち、新八水路の桜も見頃かと思ったら、まだ全然咲いていませんでした。

その代わり土手上の柴又公園(寅さん記念館上)の桜は見頃でした。

川に入って投網を打っていたら、岸辺に流れ着いた太い流木から黄色い花が咲いているのが目にとまり、ついパチリ。

今回は朝から女子大生が三人来てくれて華やかになりました。

12月から始めたお昼用の味噌汁作り、温かくなってきたので、どうしようかと思いましたが、水の中に入ると手足だけでなく身体も冷えると思い、今回も作りました。

久しぶりにテントが必要なかったので、お日様に下での昼食でした。

昼御飯のあとは、学生さん用の投網教室となりました。

 

江戸川本流で採集された魚は、「サケ」「ボラ」「ハス」「スゴモロコ」「ヌマチチブ」「アシシロハゼ」の6種類。

「鮎」を期待しましたが、採れませんでした。

地元の漁師さんの話では、今年は「魚が少ない」とのことでした。

 

「新八水路」と「ワンド」では、「メダカ」「カダヤシ」「タイリクバラタナゴ」という、常連さんだけでした。

 

女子大生の方々に初めて測定をしてもらいました。

例によって、例のごとく、調査の後はいつもの居酒屋で美味しい焼酎をいただきました。

今夜の銘柄は「磨千貫」と「もぐら」でした。