2015年1月24日 新八水路で魚類調査 (第212回)

天気予報は晴れだった。

なのに午前中は空には雲だらけ。

川の水位は高く、投網には何も入らない。

 

タモ網に替えたけどヌマチチブを1匹捕れただけ。

 

ひさしぶりに参加したO君、投網の実力は達人Iさんに匹敵するのに、今日はタモア網に専念。

 

昼ご飯用のみそ汁作りの為,早めに川から上がった。

 

ユニクロ用の記念写真を撮った。

 

こんな事がないと集合写真なんか撮らない。

午後になり,時々日が射すようになった。

 

小学校の時から参加して、今は成人したN姉弟が久しぶりにそろってやって来て、冷たい川に入った。

 

寒いし、魚が捕れないので早めに切り上げようとしていたら、最後に女投網師のIさんが小走りに戻って来た。

 

なんと、手に持ったビニール袋の中にはそれまで誰も捕っていなかった遊泳魚がたくさん入っていた。

 

聞けば,最後の一投と思って打った網が魚の群れを捕らえたらしい。

 

ハス、ワカサギ、そしてオイカワと三種類も遊泳魚が入っていた。

 

これには皆脱帽!であった。

測定する時間になった頃、常連小学生のM君がやって来た。

 

もちろん測定を手伝ってもらった。

 

調査のあとは恒例の反省会。

 

いつも行く居酒屋、いろいろあって四ヶ月ぶりでした。

 

イモ焼酎、一本空けて二本目に突入。

 

二本目は初めて飲む銘柄だった。